« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

8020

今あるモノが、ずっとあり続けると思ってはいけない。
それが君を君たらしめるモノであったとしても。

先日閉幕したダボス会議では、日本の影は薄かった。
アナリスト曰く、日本の世界経済に対する寄与はもはや小なるものだ、と。
日本が経済大国の地位を失おうとしているのだとしたら、
僕等は何をすればいい?

昨晩、歯の詰物が取れた。
ドーナツを食べているときに。
ドーナツ程度の粘着力にすら耐えられない歯あり、
それ以外にも欠けた箇所あり、
或いは虫歯の疑いあり、
といった具合だ。
思えば学生の頃に行ったきり、歯医者には行ってない。
限界に達しつつある口腔内の現状に、
僕は何をすればいい?

今年こそは歯をリペアしようと思う。
その場しのぎではなく、全面的な大工事で。
ついでに歯列矯正もしちゃおうかな。
8020実現の可否は、今が分岐点だと思う。

  *          *          *          *          *

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

午前6時

僕は東横線の駅のホームに立っている。
午前6時。
白み始めた空はガラスのように透明で、
上空の大気の流れが速いのだろう。
早朝の空気は嫌いではない。
(もちろん、朝は布団の中ででウダウダしてる方が好きに決まっている)
張り詰めた冷気に、自然と背筋が伸びる。
眠気を飛ばしてくれる冬の風に、僕はPコートの襟を立てた。

しばらくサボっていた英会話だが、年明けを機にまた通い出した。
期間内に全コースを終了するには、少しペースを上げなくてはいけない。
退社時刻が午後11時を越す事が普通になりつつあるので、
最近は専ら朝のレッスンを受講している。

こんな時間でも、電車の座席は半分以上埋まっている。
街は既に動き出していて、僕らが寝てる間もどこかで頑張っている人がいる。
そんな彼等に出会えるのは、早起きの利点であるとは思う。

もう一つ良いのは、英会話教室が空いている事だ。
この時間だとコーヒーも出してくれる。
早朝クラスは去年の初夏以来だったのだが、
この時間の受付スタッフ( S さん)が変わっていなかったのには驚いた。
そして何より嬉しかった。
約半年ぶりの彼女はメガネをかけていた。
約半年前と同じ素敵な笑顔だ。

電車を待ちながら、深呼吸をしてみた。
鼻に刺激が走った。
ちょうどフリスクを食べた時のような。

frisk

  *          *          *          *          *

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

夜半から降り続いていた雨はすでに上がっていた。
黒く濡れたアスファルトは周囲に溶け出し始め、
2006年になって2度目の夜が訪れようとしていた。
人影まばらな青山通りは、
空気は凛と張り詰め、
しかし湿気を帯びたそれは幾分柔らかく感じた。

皆様、明けましておめでとうございます。

今年最初のブログ更新となりましたが、今年はどんな年になるでしょうか。
年頭にあたり抱負を挙げるとすれば、自分に忠実な年にしたいと思います。
その意味を込めて、今年の年賀状は敢えて猫をモチーフにしてみました。
世間が犬と言っても、「僕は猫だ」と言えること。
欲しい物はちゃんと「欲しい」と言うこと。
自らの感性を信頼し、それに嘘をつかず行動すること、等々。

そんな訳で、早速目標を実践すべく、初売りに行って来た。
トレーディングポスト(たまに行く靴屋)から、
"2日よりセール開始"のメールが来ていたからだ。
前々から目を付けていたブーツを見に行ったのだが、
思わずクロケット&ジョーンズの靴も買ってもた。
この年末年始は帰省しなかったので、飛行機代と思えば…
4月に友人の結婚式があるから、どうせ必要になるし…
思い通りに生きるにも、バランス感覚は大切なようで。

それでは、今年も宜しくお願いします。

  *          *          *          *          *

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »