« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月 7日 (火)

会社を出ると雨が降り出していた。
夜半過ぎには、雪になるらしい。
空を見上げると、厚く垂れ込めた雲は街の光を受けて紫色に染まっていて、
ふと子供の頃に見ていた空の色を思い出した。
赤く光る空に、雷が走り、深々と雪が降る北国の夜。

今日、親指を切った。
切った時の痛みは殆どなかったが、血は意外と多く出た。
長さにして1cm、深さは2mm程だろうか。
血が出るくらい指を切るのなんて、いつ以来だろう。

僕の親指には大きな傷痕がある。
小学生の頃に果物ナイフで切った時の傷だ。
この時は血がなかなか止まらなかったのを覚えている。
その時は、一生残る傷になるとは思いも寄らなかったが。
今日の傷はいずれ消えそうだ。

  *          *          *          *          *

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »