2007年2月19日 (月)

おぼろげな記憶

ガーデンプレイス沿いの道を歩き日仏会館が見えて来たところで、
記憶がおぼろげである事に気づいた。
正確に道順を覚えてこなかった事を少し後悔した。
しかし、すぐに店は見つけられた。
数組の人達が店外で待っていた。
Yamamoto_1
今晩は、前々から行きたいと思っていた、
俺のハンバーグ 山本」に来ている。
店名を冠した"俺のハンバーグ"を注文した。
運ばれて来た皿をみると、なかなかのボリューム感だ。
まず一口食べてみると、肉汁が溢れ、しっかりとした肉の味がした。
しかし食べ進めて行くと、
あっさりしていて脂っこさや重さを感じないのに驚く。
ハンバーグの中にホワイトソースが包み込まれており、
それが良い効果を生んでいるのかもしれない。
大変美味しいかった。

後から聞いた話だが、ここもTVでも取り上げられたらしい。
東京では少し良い店があると、すぐ行列の出来る店になってしまい、いけませんね。
一人で気軽に行ける店になるには、まだ時間を要するようだ。

帰りに中目黒まで歩いた。
久しぶりにダーツでもしようかと。
雨のせいか、土曜の晩にしては人が少ないように思う。
一杯飲んで(お茶ですが)、ゲームに熱中してくると、
雨の中を歩いて冷え切った体が温まってくるのを感じた。
体は熱くなっても、ダーツの軌道は終始ブレていた。
かつて掴みかけた投げ方のコツは、もはやおぼろげであった。
Darts_1


  *          *          *          *          *

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年12月 4日 (月)

初雪

今日、地元では初雪が降ったらしい。
早いもので気が付けば12月。
ブログの更新も随分と怠けていた。
この怠惰な期間の代償として、
メタボリックシンドロームに半歩踏み出した気が…。

そんな訳で最近は、夕食を軽めに済ませるようにしている。
ちなみに今晩のメニューは、DEAN&DELUCAで買ったマカロンだ。
サクサクとモチモチが合わさった様な、その食感。
う、美味いやん…。

今後DEAN&DELUCAの前を素通り出来るかどうかは、
踏み出した半歩を1歩にするのか、
それともピボットの様にクルッと戻せるのか、
今年最後の試練と思われ―。

  *          *          *          *          *

ちなみに未確認情報ですが、
映画「ハンニバル」でレクター博士が機内食の代わりに食べるために、
飛行機に持ち込んだランチボックスがこのDEAN&DELUCAのものらしい。
ほんまかいな。

Makaron

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

真夏日

6月も残り数日となり、
じりじりと迫り来る夏を感じるようになると
アレが恋しくなる。
口元でシュワシュワと弾けるアワの感触。

最近はアレを置くところも増えたように思う。
何気なくジンジャエールを注文して、ウィルキンソンが出てくると、『お、やるな』と。
そんな小粋な店が増えて欲しいものです。

先日、缶入りのソレを発見した。
缶入りがあるとは知らなかった。
もちろん素通り出来るはずがない。
喉をピリピリと刺激する、アノ感触。
都心は今年初めての真夏日だった。

  *          *          *          *          *

Wil

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年5月27日 (土)

時の流れを

横浜中華街は、平日の夜と言うこともあり、
週末のような人込みではなかった。
修学旅行生と思しき集団を何組も見かけた。
無邪気に写真を撮る彼らの手にはデジカメや携帯が握られており、
時の流れを感じさせる。
思えば僕の高校の修学旅行先は、東京・横浜だった。
もちろん、ここ中華街も訪れた。
手には「写ルンです」を握り締めて。
将来、この街の住人になるとは思いも寄らなかったが。

今日は会社の後輩とここに来ている。
店は聘珍樓にした。
高級感のある門構えは、さすが老舗の風格である。
卓上のキャンドルが照らす店内は仄暗く、
男3人で食事をするには雰囲気が良すぎるようだ。
料理の方も申し分無かった。
奮発して注文した北京ダックは、
口に入れた時に香ばしさとジューシーさが一気に広がるが、しつこさは全くない。
また、デザートに食べたマンゴープリン杏仁豆腐が美味かった。
杏仁豆腐は、以前に台湾で食べた豆花のような風味で、
そのほのかな甘さとマンゴープリンの酸味の相性が丁度よかった。

ちなみに、小学館の国語大辞典(1988年新装版)によれば、
聘珍樓の聘は、聘う(あとう)と読んで、『結婚を申し込む。妻として迎える。』と。
珍は、珍う(うずなう)と読んで、『良しとする。大切に思う。』との意味があるらしい。
なるほど。
次回は結婚を申し込みたい程に大切な人と来たいものです。
今回は可愛い後輩と一緒だったので、会計は僕が持ちました。
給料日ですし。

  *          *          *          *          *

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

大切なのは中身

今日のお夜食 ~ デコポン

デコポンは、ヘタの部分が盛り上がっててこそ、
デコポンだと思う。

考えることは皆同じなようで、
シーズン終盤で品薄になってくると、
盛り上がりのないものばかりが残ってきます。

今日のも、見た目は伊予柑と変わらなかった。
味は変わらず美味しいんですけどね。

何事も、大切なのは中身ってことで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

記憶の断片

今日のお夜食 ~ 栗羊羹@セブンイレブン

「ようかんは、よう噛んで食べるのぢゃ!」

ようかんを見る度にこのギャグがendless repeat。
まったく、困ったものが長期記憶として定着してしまったもんだ。
子供の頃読んだ漫画に出てたのは確かなんだが、
はたして何て漫画だったろう。

kuri-yokan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

冬季限定

今日のお夜食 ~ マネケン ホワイトショコラ ワッフル

"冬季限定"に踊らされて買うこと、既に7~8回になるだろうか。
特に2月以降は、陳列棚に1個しか残っていない状況に出くわすと、
『これで食い収めか…』と、つい買ってしまう。
そして翌日、『入荷されてるやん!』を既に2回程…。

要するに好きなんですね。
しっとりと柔らかいココア風味の生地に、
舌触り滑らかなホワイトチョコのコーティングの相性が良い。
それと、生地の中で砂糖が結晶化していて、福砂屋のカステラを思い出した。
最初食べた時は、ガリって音がして、かなり焦ったけど。

waffle-white

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

To be, or not to be

今日のお夜食 ~ 日清カップヌードルCHINA

深夜、日付が変わってからのカップラーメンには注意が必要だ。
何故なら、

(1)比較的強い依存性がある。
 明晩も明後日の晩も、つい惰性で食べてまう。
 でも食べると確実に太るけど。
 よく会社帰りに東急ストアのカップ麺コーナーで悶えてます。
 買うべきか、買わざるべきか、それが…ハァハァ

(2)明朝、ずーんと、胃が重い。
 少しでも消化が良いように、本来3分のところを4~5分待ったりします。
 あんまり、意味無いけど。

(3)汁を飲まずにいられない。
  実際、汁ウマイし。
 こんなん作れるなんて、大したもんや。
 食品とIT、業種は違えど同じ開発者として敬意を払わねば!

china

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

声を限りに

今にも降り出しそうな空模様の下、家路を急いでいた。
駅に続く歩道橋の下から響く耳障りな音は、
例によってヤンキーの諸君だ。
(今でもヤンキーって言うのかな?)

単車に乗る奴はマフラーをいじって爆音を出し、
車に乗る奴はカーステレオを大音響で鳴らす。
音を出すのが彼らの特徴だ。
『俺はここにいるんだ、気づいてくれよ』と言いたいのだろう。
井上マーと同じだ。
しかし、たとえそれが滑稽に見えても、声が出るうちは叫び続けた方が良い。
長い間喋らないでいると、いざ話そうと思っても声が出なくなる。

そう、大切なのは叫び続けること。
Blogを更新し続けること。

日付が変わって、今日から3月。
あまりに更新が滞っているので、
俺も今日の○○シリーズを初めてみようかな。
毎日かかさない事と言えば…寝る前に何か食う事かな。

そんな訳で。

  *          *          *          *          *

今日のお夜食 ~ デコポン

dekopon

柑橘類は何でも好きやけど、
デコポンは特に好きでっす。
内皮が薄く柔らかいので食べやすいし。
この時期、デコポンは週1のペースで食べてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

誘惑

終電を待つホーム。
こんなローカル線の駅でも、イルミネーションが目に刺さる。
数年前から、イルミネーションの主流が電球からLEDに変わった。
その寒色系の光は更に僕の体感温度を下げ、
僕は温もりを求めずにはいられない。
そして、自責の念に駆られながらも(内臓脂肪を気にしながらも)
僕は誘惑に負けるのだ。

ココアはコーヒーなんかに比べて、断然体が温まる気がする。
しかし、得てしてココアは甘いので、
特に寝る前に飲むのはちょっと…と思っていたら、こんなモノがあった。

cocoa

結構美味しいが、多少味気なくもある。
なので、僕はこれに、ほんの少しだけ塩を入れて見た。

コクが増して、味に深みが加わった。
よく知られたウラ技に、
ココアに少量のインスタントコーヒーを入れる、
と言うのがあるが、それに似た感じだ。
しかも、塩分には血圧を上昇させる効果があるので、
さらに体が温まった気がした。

  *          *          *          *          *

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧